証拠 笠原基広の身分詐称・捏造書面
AK法律事務所
右の添付書面は、2011年08月29日に北川全と木下茂の弁護士である笠原基広が、特許を乗っ取るためにドイツの特許弁護士に提出した身分詐称の事実が書かれた捏造書面の証拠書面になります。
 
この笠原基広は、同時に、私と主人を捏造裁判で訴訟した、ステムセルサイエンス社の取締役であった古澤千満樹(トルコ名オウス・メメット)の弁護士でもあり、又、同時に、北川の破産申請をした弁護士でもあります。
ここまで、書きますと、誰でも、『なんだそれは、完璧な出来レースだな。』と言います。
​ネットで笠原基広を検索すると多数の悪いうわさがでてきます。事実かどうかは、私には判断が出来ませんので、ここには記載しませんが、特許の乗っ取りという、今回のアルブラストUSA社が特許を乗っ取られた内容と、ネットで笠原基広の特許乗っ取り手口として記載されている内容が、何もかもが、そっくりなので、ショックを受けております。
簡単に申し上げますと、下記の通りになります。
私が知る限り、笠原基広の特許乗っ取りの手口は、右の書面を見てもわかりますように、以下の内容になります。
ネットにかかれている内容
アルブラストUSAが実行された内容
1ターゲットの特許を決定
1ターゲットの特許を決定
press to zoom
2、捏造裁判を起こし個人情報を取得
2、捏造裁判を起こし個人情報を取得
press to zoom
3、裁判所と話し会い勝訴
3、裁判所と話し会い勝訴
press to zoom
4、特許乗っ取り(書面捏造・身分詐称)
4、特許乗っ取り(書面捏造・身分詐称)
press to zoom
5、他社へ売却
5、他社へ売却
press to zoom
1アルブラストの特許がターゲットにされる
1アルブラストの特許がターゲットにされる
press to zoom
2、古澤千満樹の捏造裁判を起こす
2、古澤千満樹の捏造裁判を起こす
press to zoom
3、裁判所と話し会い勝訴
3、裁判所と話し会い勝訴
press to zoom
4、特許乗っ取り(書面捏造・身分詐称)
4、特許乗っ取り(書面捏造・身分詐称)
press to zoom
5、他社へ売却
5、他社へ売却
press to zoom
一番下に大きな書面あり。
以上のように、内容が、まさに酷似しています。
 
​同様に、今度は、右の書面をご確認下さい。まさに、特許乗っ取りの動かぬ証拠になります。
1、この書面には、2011年8月29日にかかれた書面になります。この書面には、北川全が、アルブラスト社の代表取締役である。と書かれています。しかし、北川全は、この時点では、既に、代表取締役社長ではありません。即ち、書面捏造です。北川全は、2011年7月19日に笠原基広が、代表取締役代行である井上氏に送ったメールに添付されてきた北川全の診断書とともに『心神喪失状態の為、一切の業務を行えない。』と、休職願をしてきています。その本人である笠原基広が、右の書面では、『北川全が、代表取締役だ。だから特許の名義を変更しろ。』と書いてドイツの特許関係者を騙しているのです。
​以下は、教職願いを提出してきた時のメールです。
​2、この右の書面には、『我々の取締役会議では、承認していない。』と、まるで、笠原基広が、アルブラスト社の顧問弁護士か取締役でもあるような書き方をして相手を騙そうとしていますが、笠原基広は、勿論、顧問弁護士でもなく、全く、関係の無い部外者ですので、『我々の取締役会議』などと言う文面を書く権利はありません。まさに、身分詐称です。
 
3、又、井上氏が、取締役でも代表代理でもなく、井上氏が嘘を言っている。と、書かれています。まるで、井上氏が株主総会も取締役会などで承認されていないのに、勝手に取締役を名乗っているような書き方をしています。しかし、この時点で、井上氏は間違いなく株主総会と取締役会議で承認された代表代行取締役支配人です。その事実を、笠原はもちろん熟知しています。​その証拠として、下記の笠原から井上氏に送られてきたメールの宛名に、明確に≪取締役 井上様≫と、笠原自身が記載している事実が確認いただけます。
4、又、この書面には、特許が譲渡されたような契約は締結されていない。という内容が書かれていますが、よく、ここまで、嘘を延々と記載できるものだと思い、驚いてしまいます。勿論、この内容も、全くの捏造です。
アルブラスト社とアルブラストUSA社は、明確に事業譲渡契約書を締結しています。下記は、事業譲渡契約書と北川全が木下茂に送った確認書になります。
​これほどの証拠があるのに、ここまで、大胆に書面捏造・身分詐称をする。まさに、特許乗っ取りに手慣れた感じがする。とアメリカのFBI関係者は言っていました。
​7月19日に笠原基広が、井上氏に送った北川全が『一切の業務が出来ない為、休職する。』と書かれたメール。
2010年07月に北川全が退任した事実が書かれた日経バイオテクの記事。
一番下に大きな書面あり。