Fが上場を阻止した証拠メール

 

 

 

 

 

From: 'Miki'
Sent: Monday, November 01, 2010 4:35 AM
To: 'infomedisophia'
Subject: O君へ

 

Oさん

 

 

何の為に、あなたが、このような事をするのか理解不能です。

リバースマージャーができなくなったのは、主人の責任ではなく、N氏が

不正行為を働いた為と、もうひとつは、貴方のアドバイスを私が、聞き入れ

た為だという事は、Oさんも充分理解しているはずです。

ステムセルサイエンス社は、代表であったKN氏が、不正行為をしたために

、リバースマージャーが不可能になったことは、貴方もステムセルサイエンス

の取締役であり、取締役会義に何度も出席し、KN氏との会話を録音してく

ださったのですからよーく理解しているはずです。

これらの事実は、取締役会議議事録にも、あなたの捺印があるのですから、

あなたの言い逃れはできません。

 

又、次のリバースマージャーのチャンスであったステムセルサイエンスのイン

グランドとのM&Aについては、このリバースマージャーを決裂させたのは、

Oさん自身ですよ。

 

私は、このリバースマージャーの為に、至急、Oさん達、取締役陣の

署名捺印を貰わなくてはならず、夜遅く、貴方に呼ばれて貴方の自宅の

近くまで行き、待機して、待っていた事は、貴方自身が充分ご存じの事です。

 

この時、署名捺印が終了していないのは、Oさんのみで、誰もが、今回こそ、M&Aが可能であると期待していました。

 

N氏や旧経営陣の不正行為があった会社のM&Aなど、普通であれば、到底、困難な事であり、主人は、何度も、相手方との会議に会議を重ね、

ようやく、M&Aを承諾させていました。

しかし、この貴方との待ち合わせ時に、2時間たっても、結局、Oさんは、現れず、私は、仕方なく、帰りました。

この時、私は、数十回ほど、Oさんに電話をしましたが、Oさんは、

≪今、すぐに行くから。≫と一回だけ、電話にでたきりで、

その後、連絡が取れなくなり、正直言って、私は、余り、治安のよくない場所での夜の待ち合わせ場所だったので、怖くて、2時間以上は待てませんでした。

この時のいきさつは、私が、Oさんと連絡が取れず、明日までに、書類を提出しなくてはならなかったため、困り果ててしまい、

この時、私は、複数の関係者に電話をかけて相談していましたから、複数の人がこの事実を知っていることは、貴方もご存知のはずです。

 

この帰り、私が、貴方から、ようやく電話をもらったのは、深夜の12時前後だったと思います。

最初に、G先生から電話を貰い、≪Oさんが、M&Aに反対している。口のろれつが回っていない。≫という連絡を貰いました。

私は、驚いて、貴方に電話をすると、あなたは、いきなり、

≪今回のステムセルサイエンスのリバースマージャーには、反対ですから。≫

といいました。私が、≪今回、M&Aをしないと、もう、チャンスが無いのよ。≫

というと、あなたは、

≪このような株式市場の悪い状態でのリバースマージャーは絶対に反対です。もし、M&Aをするなら、株主として反対させてもらいます。≫といいました。

私は、その時、始めて、Oさんが待ち合わせ場所に来なかった理由が、私が、2時間も待たされた理由がわかっ気がしました。

結局、M&Aに反対の為、署名捺印をしたくなかったのだと気が付きました。

そして、しばらく、言い合いに成りましたよね。

主人が、途中で、電話を変わり、主人も、≪今回は、絶対にM&Aを行う。≫と言い切ったために貴方と言い合いになりましたよね。

この時の会話は、保有していますので、間違いがありません。

この後、G先生と主人が話し合い、今回は、Oさんが反対してもM&Aという形で上場をさせるという事になりました。

 

しかし、その次の日、私が再度、Oさんに電話をしたときに、Oさんが、≪誰が考えても、この時期の上場は、良い結果にはなりません。

絶対に反対です。≫という説得に、私が、心を動かされてしまったっために、私の気持ちも、M&Aに対し、反対になってしまいました。

その為、主人とは、大喧嘩になりましたが、資金は、私のサインが無ければ、主人は、自由に動かせませんので、結局、最終的に、Oさんの

意見を取り入れることになりました。

これらの経緯は、当事者であるOさんが一番よく、知っているはずです。

この時、Oさんの言葉を私が信じて取り入れたために、多くの人に迷惑がかかりました。

 

それなのに、それらの理由を棚に挙げて、リバースマージャーができなかったのは、主人の責任だとする貴方の真意が理解できません。

 

リバースマージャーができなかったのが、貴方と、そして、貴方の言葉を信じた私の責任であるという事は、関係者は、誰もが知っています。

 

もしかして、Oさんは、これらの事実を忘れているのかしら?

 

又、メデイソフィアに関しても、総代理店であるOさんが、しっかりと仕事をしなかっ為に、損害が出てしまい、Oさんを総代理店に推薦した私の責任だと、

主人に、いつも、叱られていたという事実を、Oさんは、よーくご存知ではないでしょうか?

以上、これらの事実は、すべてが、メールに記載事項として残っています。

 

又、同時に、私は、今まで、何度も、Oさんのメールと電話番号に電話を入れていましたが、メールは、戻ってくるし、携帯は繋がらないので、非常に、困っていました。

 

なんにせよ、連絡が取れてよかったです。

至急、電話を下さい。

 

 

ライアンみき

お知らせ

当サイトと出版に関する責任について。

 

当サイトの権利、並びにドメイン名義は、ARBLAST USA Inc.に権利が移転しています。

ご質問、お問い合わせはArblast USA Inc.迄お願いいたします。

 

当サイト内の心神喪失という言葉について

 

当サイト内では、破産申請を実行した北川全について、彼の弁護士である笠原基広の言葉を借りて、心神喪失という言葉を使用しています。通常であれば、こういうタイプの言葉を使用したくはありませんでしたが、実際、アメリカの証券弁護士や証券会社、そして株主などへの説明で、この北川全が破産申請した時の状態に関ししては避けては通れない大きな問題でした。


 

Copyright © 2014 真実の告発 All Rights Reserved.© 2014 by Miki Ryan. Proudly created with 真実の告発

緊急お知らせ

当サイトで掲載されていない、わたくし自身が追加していないページがある事に気がつきました。マルウエアされている可能性があります。下記のページは、わたくしの記載したページではございませんので、ご注意ください。about-1/c1qag

このページ以外にも、当サイトで開示されていないページを見つけられた場合は、ご通知をお願い致します。

お知らせ
 
このホームページが数日間、ハッキングされクローズになっていました。非常に、ショックを受けております。私のパソコンは、IPアドレスが、神戸・神田・板橋/川崎・杉並区などのハッカーに乗っ取られる被害が度々あります。これ以上、続いた場合は、警察に届けを出しますので、ご注意ください。