アドバンスド・セル・テクノロジー社とのM&A(リバースマージャー)計画

 

 

 

主人は、ステムセルサイエンス社とアメリカの超有名企業である

アドバンスド・セル・テクノロジー社(ACT)とのM&Aを

ACTの当時CEOであったビル・コールドウエルと進める準備を

していました。

 

しかし、この論文捏造詐欺が発覚し、一時、この話は流れました。

 

しかし、主人は、神戸警察に刑事告発をした2月すぎ、弁護士より

『一応、警察への告発は下ので、やるべきことはやった。と言えます。』

というアドバイスを頂き、神戸警察が全く動かなかったのを機会に、

再度、アドバンスド・セル・テクノロジー社の当時の社長であったビルと

M&Aのネゴシエーションを開始しました。

 

ビルから、

『ステムセルサイエンス社の論文捏造について、デューディリジェンス

行ったが、当社は、上場企業であるので、やはり、明確に論文捏造詐欺を

していた企業とのM&Aは不可能である。』

 

と拒まれました。

当然です。

ACTは、上場企業です。

論文捏造詐欺をしていた企業とのM&Aができるはずがありません。

主人は、困ってしまいました。

そして、主人とビルは協議の上、主人の会社であるELIXCELL Inc.

ACTでジョイントベンチャーを設立し、その後、このジョイントベンチャーを

上場させてからステムセルサイエンス社とM&Aをするという案を提案されました。

 

しかし、この提案の成就には1年以上はかかると思われましたので、

主人は断りました。

しかし、ここまで協議を重ねてくれたビルに対して申し訳ない。という気持ちが

ありましたのでその代わりに一応ACTとのジョイントベンチャーを設立し、

ACTが保有するエクサラレートという技術のワールドワイドでの技術を、

このジョイントベンチャーに導入するという契約を締結しました。

 

その証拠書面がありますが、ACTは有名な上場企業な為、

ACTに尋ねていないので、まだ、開示はできませんが、遠からず、

このHPで開示させていただきたいと考えております。

 

 

 

 

 

ACTとの証拠書面

 

 

ES細胞のジェロン社とアドバンスド・セル・テクノロジー社の創立者であるマイケル・ウエスト氏と主人と一緒に